●住みよい地域社会づくりに関心のある仲間が集まり、活動するグループです。
 
●月に1回程集まり、共に話し合い、学び合い、行動し合って、住みよい地域社会づくりを進めます。
 


<自然保護問題では>
A地区では、玉川上水の自然保護の活動を継続しながら、次代の子どもたちが“ふるさと”と呼べる運動の輪をひろげています。
B地区では、子どものための「体験農園」を実施したり「ほたるの飼育」につとめ、三世代交流のよりよいふるさとづくりを推進しています。
 
<災害問題では>
C地区では、自主防災活動を継続し、「町民防災宣言」により「まちづくり憲章」をつくり、防災のまちづくりを進めています。
 
<国際交流問題では>
D地区では、市内在住の外国人とネツトワークをつくり、文化や生活交流のイベントを通じて、国際交流を深めています。
 
<高齢者問題では>
E地区では、市内の中高年を募り「男性の料理教室」を継続実施し、老人ホームとの交流を含め、中高年の栄養についての提言などをしています。
 
<子育て問題では>
F地区では、安全な遊ぴ場について調査点検し、行政に要望し、子どもが安心して遊べる遊び場づくりを実現しました。
 
<ふるさとづくり問題では>
G地区では、地域の小中学生を対象にして、居住地域の将来の夢や希望の作文募集コンクールを行い、次代を担う若者のふるさと意識を高めています。